致力于成为一个有趣的人

今日もまた一人 ここに伫み 【今天依旧孤身一人 孑然伫立】

ただ空を见上げる 【只是这样 仰望着上空】

冷たい风に 心ふるえて 仆は动けなくて 【心在寒风中颤栗 我已无法前行】

まぶたに残った いつかの笑颜は 【眼底残存的 往昔的笑颜】

片隅に咲く 一轮の花 【如同盛开在角落的 鲜花一朵】

枯れないように 涙で 润していた 【别枯萎啊 我已用泪水 将你浇灌】

君の声が 闻こえなくて 闻こえなくて 【你的声音 我听不见 我听不见】

缲りかえす想い 【惟有缠绵不绝的思念】

ねぇ消えないで 幻でいいから 【啊 请别消失不见 哪怕只是幻觉】

ねぇ傍にいて 【啊 请你在我身边】

仆を抱きしめて あの日のまま 【将我紧紧拥抱 如同当初的那天】

人は谁もが 爱しさ、悲しみ 重ね合わせながら 【每一个人 都经历着爱恨悲喜】

やがて心に モザイクのような 爱を描いてゆく 【终于在心中 绘出拼图般的爱情】

仆らの出会いは 间违いだったの? 【我俩的邂逅 是不是一个错误?】

こぼれ落ちた二人のカケラは 【零星撒落的 属于你我的碎片】

今でもまだ、微かに 辉いている 【至今依然 闪烁着粒粒光鲜】

仆の声が 闻こえますか? 【我的呼唤 你是否听见?】


ここにいるよ 君を想っている 【我在这里 将你深深思念】

この涙が 空へ舞い上がり 【这一片泪水 愿它们纷飞至天】

君のもとへ 降り注げばいい 白く远く… 【倾落在 你的眼前 洁白而邈远…】

季节外れの淡い雪たちが 【不合时节的轻雪】

冻てついた空に舞い散ってる 【飘散在冰冻的上空】

同じ空を 君も今 见てるのかな 【此刻 你是否也望着 同一片天?】

仆らは まだ 繋がってるかな 【你我间的牵系 是否 还不曾改变?】

君の声が 闻こえなくて 闻こえなくて 【你的声音 我听不见 我听不见】

缲りかえす想い 【惟有缠绵不绝的思念】

ねぇ消えないで 白く降り积もってよ 【啊 请别消失不见 白茫茫地推积吧】

ねぇ傍にいて 【啊 请你在我身边】

この雪のように 【如同这飞雪漫天】

仆の声が 闻こえますか? 【我的呼唤 你是否听见?】

ここにいるよ 君を想っている 【我在这里 将你深深思念】

あぁ会いたくて もう一度だけでいい 【啊 多想与你相见 哪怕是最后一回】

君に会いたい 【我多想见你一面】

愿いが叶うなら ただ会いたい 【倘若愿望能够实现 就让我见你一面】

评论
热度(8)

© 南城Jes. | Powered by LOFTER